まみのらくがきちょう

パワフルな男の子3人の母【まみ】の育児や趣味(パン・お菓子作り)の記録

久しぶりのガトーショコラ



 新居に入居してから早3か月が過ぎようとしています。

春から生活が一変して、毎日忙しくしていますが、そんな中、ママ友さんたちに誘われて地域の母親クラブに参加し始めました。
親だけだったり親子の参加もあるようですが、おしゃべりしながら手作り教室だったり、ボランティア活動なんかをしたりするようで、なかなか一人では出来ないことを体験できるのが楽しみです。

今月初めはエコクラフトで、小さな花を作ったりしたけど、月末にはパン教室があります。
で、私はその運営のお手伝いをさせてもらうことに
最近パン作りから疎遠になっているので、ちょっとその前に予習をしておこうと思い、久しぶりにクオカで材料を注文

ああ。
そういえば、新しいオーブンもレンジの温めばかりで、焼きに使ったことがなかったー。。。

というわけで、まずバレンタインのときの余りのチョコでガトーショコラを焼きました。

もちろん、新居でのお菓子作りも初めてだったので、ちょっと手間取りました。
しかも、焼き型、ハンドミキサーは母屋からの借り物で・・・(笑)

でも、何度も作っているレシピなので、ばっちり出来ましたよ〜
これに、ホイップした生クリームがあれば最高なんだけどなぁ。
うちのおやつなので、このままでOK。



(なんか、写真のサイズがいつもよりデカいんですけど・・・PCの扱いにもまだ慣れてない私;;;)

さて、焼き菓子は何とか成功したので、今度は本題のパンに挑戦しなくては!

comments(2) : trackbacks(0) : 

ドライプルーンのコンポート



瓶に入っているのは、ドライプルーンを紅茶に漬けたものです。
(なぜかミ○プルーンの瓶です;;;)
去年くらいからずっと作っています。
コンポートと言っても、材料を計量したり鍋で煮たりせずに出来るんですよ〜ラブ

作り方は超カンタン♪

 々斑磴鯒擦ぬ椶忘遒辰椴笋泙后
◆’湯消毒した空き瓶にドライプルーン(下処理もしないでOK)を入れ、,悩遒辰森斑磴鬟廛襦璽鵑浸るくらい入れる。
 蓋をして冷蔵庫で一晩以上置いたら出来上がり

なにかのレシピ本に載っていたのでオリジナルではないです(すいません汗

これを汁ごとヨーグルトにのせて毎日食べています。
これをしばらく切らしてたとき、頭痛がひどく、食べ始めたらまた良くなったので、確かに貧血・便秘予防にとても効いてる気がします。
しかも、砂糖を入れなくても汁までしっかり甘味が出てるので美味しいんですよ〜。


が、

いろいろ試してみたんですが、紅茶はこれじゃないと!

【送料無料】人気NO1紅茶!キャラメル・チャイ(70g)季節限定・元祖飲むスィーツ♪

本来ミルクと一緒に煮出すチャイ用なんですが、これ、シナモンが入ってるせいかプルーンととってもよく合うんですねぇ。
あ、もちろんチャイも美味しいですよ(^^)

そしておすすめのドライプルーンはこれ

スーパーなどで売っているものより粒が大きく、柔らかくてジューシーなので、そのままでも十分美味しいのですが、紅茶に漬けたときの汁がまたいい味なんです(^^)
ちょっと値は張るけど、たっぷり入ってるし、ネットでまとめ買いしてます(笑)

ちょっと贅沢ですが、やめられないデザートの紹介でしたポッ
comments(0) : trackbacks(0) : 

ちょっと遅めのバレンタイン

ライトショコラ♪

今年のバレンタインはココア生地にイチゴとチョコクリームを巻き巻きしたロールケーキを作ったんですが、写真を撮っていないので紹介できません;;;
昨年末からロールケーキに目覚めた私ですが、なかなかうまく巻けません。
スポンジ生地は結構うまく焼けるようになってきたと思うんだけど。
やはり、数をこなさないとダメですね。
別にケーキ職人を目指してるわけじゃないけど(^^);


・・・で。

そのときの余った生クリーム50mlを使い切るために、いろいろ手持ちのレシピ本を読んでいたら、たかこさんの本にこのライトショコラが載っていたので、今日作ってみました。
ヘーゼルナッツパウダーはなかったので、代わりにアーモンドパウダーをローストして使いました。
ここ数年、バレンタインにはガトーショコラを焼くのが我が家の定番になっていたので、今日の方がバレンタインスイーツらしい気がします(^^)


焼き立ての粗熱が取れたところでちょっと味見♪
本には「冷やして食べましょう」とあったけど、外はサクッと、中のしっとりしたところがほんのり温かいのもまた美味(^^)
今まで作ったことのあるガトーショコラとはまた違って美味しかったです。


18cmのホールケーキでもあっという間になくなってしまう我が家。
小麦粉やバターが値上がりしている最近、なかなかこういった手作りケーキも材料費が心配になりつつあります。
なので、最近我が家のおやつでよく食べているのは焼き芋(笑)
小さめのさつまいもをそのままオーブントースターで焼いただけなんだけど、これがシンプルで美味しいのよね〜(^^)
離乳食中期の三男坊ゆうくんもこれが大のお気に入り。
毎日じゃがいもかさつまいもを離乳食に食べさせてるけど、毎回全く残すことなく食べてくれます。
さつまいものマッシュに、すりおろして煮たリンゴ(ジャムを作る途中で取り分けたもの)を混ぜた離乳食は、大人でも美味しかったです。

チョコやバターたっぷりのお菓子もたまにすごーく食べたくなるのですが、普段のおやつにはやはりシンプルなもの、野菜を使ったおやつがいいなぁと思う今日この頃です。
comments(0) : trackbacks(0) : 

和風トルテ

鹿の子大納言のトルテ

お正月にどこにも行けなかった代わりに、クオカで材料をいろいろ注文したんだけど(←どんな理由なんだ?)、その中のアーモンドパウダーと鹿の子大納言を使ったケーキを焼きました。
この鹿の子大納言、小粒な甘納豆なんだけど、洋菓子、特にバターと合わせるのが私の大のお気に入り。
もちろん、パンに入れても美味しい。


レシピは藤野真紀子さんのこちらの本に載っている「くりのトルテ」で、くりの代わりに鹿の子大納言を入れました。
くりも豆も似たようなもんだし。

わたしのカントリーケーキ―Country cakes in the city
わたしのカントリーケーキ―Country cakes in the city
この本、今はもうなかなか手に入らないのかな?
独身時代から持っている、お気に入りのレシピ本です。


このケーキ、アーモンドパウダーと粉糖と卵黄を混ぜてメレンゲ、粉類、溶かしバターを入れていくというちょっと変わった作り方なんですが、私が想像していたのは、もっとずっしりとしたバターケーキのようなものだったんです。
でも、焼きあがってみると、スポンジケーキのようなカステラのような、ふわふわと卵の味がする柔らかいものでした(^^);

「あれ?でもおいしい」みたいな(笑)


この本はカントリーケーキの本なんで、カントリーケーキというと、みんなずっしりと食べ応えがあって素朴でアメリカンな(?)お菓子だと思ってたんだけど、後からよく読んでみると、このトルテは元々ウィーンの焼き菓子なんだそうです。
カントリーケーキってアメリカだけじゃないのね〜、・・・って当たり前ですが(^^);

ふんわりと軽いけど、アーモンドパウダーとバターが入っているのでコクもあり。
和素材の鹿の子大納言ともぴったり♪
思っていたのとは違っていたけど、うれしい誤算でした(笑)


このケーキを焼いた直後、温まっていたオーブンで焼きいもを焼きました。
いも、豆、かぼちゃがこの歳になるとたまらなく美味しく感じられます(笑)
学校から帰ってくるなり、給食を食べてないの?ってくらいガツガツおやつを食べまくるたくちゃん。
ついつい一緒に食べてしまう私です(^^);
母乳も最近減ってきたので、食欲もそろそろセーブしなくては・・・。
comments(0) : trackbacks(0) : 

クリスマスケーキ2007

2007 X'masケーキ

ちょっと日が経ってしまいましたが、今年の我が家のクリスマスケーキです。
毎年ケーキ屋さんで買っているので、今年も子供達や義姉は「手作りより買った方がいい!」と言ってたんだけど、最近ケーキも値上がりしてるし、「買った方がおいしい」と言われると「じゃあ買ったのよりもおいしいのを作ってやるっ!」と闘志が湧いてきたので(笑)、みんなの反発をよそに手作りすることに勝手に決めたのです(^^);


・・・とは言ったものの、やはり生クリームの扱いが苦手な私。
何日か前には予行練習して作ってみたりしたけど、暖房が効いた部屋ではクリームがでろ〜んと溶けてしまって見るも無残なケーキに・・・。
なので、「クリームがあんなじゃ、やっぱり買った方がいいんじゃない?どこそこのケーキ屋さんならまだ予約を受け付けてるよ〜」と義姉に言われる始末(汗)

「くそ〜〜〜!」

っと、いろいろなサイトでデコレーションを参考にして出来たのが上の写真です。
カットした写真は撮ってないけど、中のスポンジはココア生地で、白い生クリームとイチゴをサンドして、さらに同じクリームでデコレーション。
あまりこてこて飾りたくなかったので、チョコペンで「Merry X'mas」と書いてみました。
回転台を持ってないので塗りにくかったけど、これでも今までに比べたらかなり上出来なケーキになりました(^^)
イチゴを載せるときにゆうくんが起きてしまい、片手で抱っこしながらたくちゃん、しょうちゃんに手伝ってもらったので、若干ゆがんでるのがご愛嬌;;;

そして、今回のポイントは何といってもタカナシの生クリーム(乳脂肪分35タイプ)。
お菓子を作る方の間では「おいしい」と有名な生クリームですが、うちの周辺ではどこのお店でもタカナシは売っておらず、普通にスーパーにあるようなものしか手に入らないので、味が今ひとつだったのです。
それが今まで手作りしなかった理由のひとつでもあるんだけど、去年、クリスマス前後の限られた時期だけ、市内のイオン系スーパーに入荷しているのを発見!!
今年も22日の広告に出ていたので、速攻で行って200mlパックを2個買ってきましたよ〜。
やっぱり、味が全然違いますね〜♪
味にうるさい我が家の住人たちにも「このクリームはあっさりしておいしいねぇ」と、大好評でした。
もちろん、お手製ココアスポンジもふんわりしっとりで上々の出来でしたよ(←自我自賛)

直径18cmのケーキが家族7人で食べて、一瞬でなくなりました(^^);
(8等分して、ダンナが2切れ食べた;;;)
あれほど「お母さんの作ったケーキはおいしくない!」と言い張っていたたくちゃんも「今度からお母さんが作ってね」と言ってくれました。

やった〜(^^)v

そして、余った生クリームで後日抹茶のロールケーキを作ったんだけど、写真を撮る間もなく、これまた一瞬でなくなってしまいました。
生クリームでこんなにも味が違うものなのね〜。

去年、一昨年と、普段ならおいしいケーキ屋さんでクリスマスケーキを買って食べたんだけど、大量に作り置きしてるのか、スポンジがぱさついてイマイチだった記憶があるのです。
数年前に自分が作ったときにはちょっとパサついて固かったスポンジも、新しいオーブンのせいか、腕のせいか(?)今回はしっとりふんわり出来たので、すっかり自信を取り戻した今年のクリスマスです(笑)
comments(0) : trackbacks(0) : 

いちごとホワイトチョコチップのバターケーキ♪

いちごとホワイトチョコチップのバターケーキ♪

今、うちの畑ではいちごが豊作です。
去年、畑の隅っこに植えていた苗をほっからかしていたら、今年の方がよく実が付いているようです(^^);
毎日少しずつ実っていて、ちょこちょこ食べているくらいでは消費しきれないので、ケーキに入れてみました。
ジャムにするという手もあるけど、親戚のうちから自家製のイチゴジャムを既にもらっているので、こちらももういいやって(笑)

レシピはたかこさんのこの本から


いちごとミルクのバターケーキという名のレシピで載っているんだけど、いざ作り始めたら冷蔵庫にあったはずのコンデンスミルクが切れていることに気が付きました(TT)

「いちごとコンデンスミルクの組み合わせがミソなのに〜〜〜!」

とがっくりきたけど、仕方ないので買い置きしておいたホワイトチョコチップを代わりに入れてみました。
ちょっとはミルキーになったかな?
似て非なるもののような気もするけど、これはこれでよしってことで・・・。

いちごとホワイトチョコチップのバターケーキ♪

実は、バターもちょっと足りなかったので、その分クリームチーズを入れてみました(分量の2割)。
元のレシピからはかけ離れたものになってるかも・・・。
でも、見た目は一応本の写真と似た感じになったかな?
いちごのマーブルって可愛いですね〜♪

採っても採ってもまだいちごが実るので、いっそのこといちご酵母を起こしてみようかと思ったりしてます。
(まだレーズン酵母さえ起こしたことがないのに;;;)
自家製なので、大きいのがあったり小さいのがあったり、甘かったり酸っぱかったり。
そのまま食べるには当たりはずれが多いので(笑)、他にもスイーツに使えないかな〜?と考えてるところです。

そういえば、去年実家からもらって来たブルーベリーも冷凍したままだった(爆)
もう今年のができちゃうよ〜。
comments(0) : trackbacks(0) : 

抹茶のシフォンケーキ♪

抹茶シフォン♪
寄り道しましたが、ようやく念願のシフォンを焼くことが出来ました(笑)
だいぶ前から「シフォンが焼きたいっ!」と思っていたのに、なかなかチャンスがなくて。
でも、6日(金)にたくちゃんのお友達(正確にはこれからお友達になる)のお宅に初めてお邪魔することになっていたので、ご挨拶代わりに持っていくつもりで作りました。

うちから歩いて10分くらいのおうちなのですが、去年の夏に引っ越してきたばかりで、たくちゃんと同級生の息子さんとしょうちゃんと同級生の娘さんがいらっしゃるんだけど、上の息子さんはこの春保育園を卒園するまで前のところにそのまま通っていたそうなので近くに友達がいないそうなんです。
で、今度新1年生になる男の子がうちのたくちゃんくらいしか近くにいないので、是非入学前に親子共々顔見知りになっておこう・・・と、仮入学のときにお母さんと話し合っておいたのです。

まだ3回くらいしか会ったことがない(たまたま出会っただけ)ので、好みも全く分からないお宅に何を持っていったらいいかしら?・・・と悩んだんですが、わざわざ手土産を買っていくのも何だし、シフォンなら何度も人にあげたことがあったので、これならそんなに嫌いな人はいないだろうと勝手に思いまして(^^)
以前、甘党の従兄のお宅の新築お祝いにチーズケーキを買っていったら、奥さんも息子さんもチーズケーキが嫌いだった・・・なんてことがあって(汗)
そのとき一緒に持っていっていた抹茶のパウンドケーキなら食べてもらえたので、抹茶なら割と誰でも受け入れてもらえるかな〜?なんて思い込みで、今回も抹茶味に決めました(笑)

といいつつ、シフォンは何度も焼いているけど、抹茶は初めて。
でもレシピはバニラシフォンが作りやすくて美味しかったたかこさんの本

からだったので、失敗はないだろう、と。

抹茶シフォン♪
粉糖を振りかけたけどすぐに見えなくなりました(笑)
久々に気泡も少なく、抹茶の色がとてもきれいに表れて大成功。
いきなり20cmをホールで持って行くのもアレなんで、カットして簡単にラッピングして持っていきました。
幸い、みんなケーキも抹茶も大好きだそうで、ものすごい勢いで食べてもらえました〜☆
一緒にパン(バターミルクの折込パン)も焼いて持って行ったんだけど、焼いてすぐ持って行ったので写真は撮れませんでした。
でもそれも喜んでもらえたようでうれしかったです。

シフォンを焼くときっていつも180℃で焼いてたんだけど、アルミ型だと熱伝導が良くて、うちの電気オーブンでも側面がちょっと焼けすぎで固めになっていたので、今回は170℃で焼いてみました。
すると焼き色は付いたけど、前よりやわらかく焼きあがりました〜♪
今度から170℃で焼くことにしよう。


いよいよあさって10日は入学式です。
翌11日からは朝はバスで通学、帰りは途中まで車で迎えに行くことになるかな。。。
一緒に遊んだ男の子と、そのうち歩いて帰宅してくれるようになると親も楽なんだけどね。
数少ない同級生なので、ずっと仲良くしてもらえるとうれしいです。
comments(4) : trackbacks(0) : 

子供と一緒にドーナッツ♪

ドーナッツ♪

「春休み子供と一緒におやつ作り企画・第2弾」(←勝手に命名)としまして、今回は薄力粉とベーキングパウダーで作る、簡単なドーナッツを作りました。
レシピは藤野真紀子さんのわたしのカントリーケーキに載っているアメリカン・ケーキドーナッツです。
前回のカメロンパンのときはたくちゃんだけだったけど、昨日からしょうちゃんも保育園がお休みなので、生地作りは2人に任せました。
例によってぐちゃぐちゃこねこねがお気に入りです(笑)

トッピングは溶かしたチョコをかけたもの、粉糖をまぶしたもの、そしてシナモンアイシングをかけたもの(コロコロドーナッツ)の3種類です。
子供達にはチョコ、大人にはシナモンアイシングが好評でした♪

以前、イーストで発酵させるドーナッツを作ったことがあるけど、こちらの方が時間も手間も掛からず簡単。
イーストドーナッツはふわふわしているのに対し、こちらはざっくりしています。
(某ドーナッツショップのオールドファッションみたいな感じ)
でも、揚げ過ぎたのか、見た目よりカリカリしすぎてる気が・・・。
中のふわっとした部分がもう少し残ればよかったんですが。

私は揚げ物は作るのも食べるのもあまり得意ではないので、出来ればドーナッツは避けたかったんだけど、子供達が「ドーナッツがいい!」と言って聞かなかったのでリクエスト通りに。。。
まあ、せっかくの春休みなので好きなようにさせてあげよう、ってことで。
でも、さすが「食べたいっ!」と言っていただけあって、2人ともよく食べましたわ(^^);

余った卵白1個を冷凍しておいたので、次こそはシフォンケーキを作るぞっ!


保育園は30日〜1日の3日間だけ春休みです。
貴重なお休みなのでお出掛けしたいけど、ダンナもサッカーでほとんどいないし、私もここへ来て風邪気味。。。
熱はないけど、のどや体の節々が痛いので動く気がしない(TT)

うちの周りの山々では山桜が満開でとてもきれいです。
だから敢えてお花見に行くこともないかな・・・。
comments(2) : trackbacks(0) : 

ヨーグルトスコーン♪

ヨーグルトスコーン
おやつにちょっと何か食べたいな〜と思って、久しぶりにスコーンを焼いてみました。
レシピはこちら↓より
 
粉の一部を全粒粉に代え、ベーキングパウダーも若干多めにした以外はレシピそのまま。

本当は冷蔵庫に買い置きの卵がたくさんあったので、同じ本に載っているバニラシフォンが作りたかったんだけど、風邪で保育園をお休みしていたしょうちゃんが、どうしてもこれがいい!というので・・・。
でも、スコーンって好きだったっけ?

去年だったか一時期スコーンにハマって続けて作っていたけど、その頃は藤野真紀子さんのレシピでした。
今回初めて稲田多佳子さんの本から作ったけど、油脂にショートニングを使わずバターだけでも、充分サクサクしていてそれほど差はないかなぁ。

いつもうちでは四角く伸ばした生地を大雑把に9等分にカットして焼いています。
切り口がパクッと開いて、角はサクサク、中はふんわりしてるのが大好き♪
今日は焼いてる最中にしょうちゃんが寝てしまったので、ひとり焼き立ての1番おいしいところを食べました。
甘さ控えめなので、朝食にもよさそうです(^−^)
comments(4) : trackbacks(0) : 

ガトー・ショコラ・フォンデュ

ガトーショコラフォンデュ
今年のバレンタインはいろいろ迷った挙句、藤野真紀子さんの語り継ぐお菓子たちという本に載っているガトー・ショコラ・フォンデュにしました。
普段ならただ切り分けて食べるだけですが、一応バレンタインなので、ちょっとおめかしして1切れずつ紙レースに載せて並べてみました(^^)

以前にも何度か作ったことがあるので慣れているせいもあるけど、これはあっという間に出来るのにとても本格的なので、お気に入りのレシピです。
材料も、生クリームもココアパウダーも入らず、とてもシンプルなのですよ〜。
ただ、レシピどおりの分量だとかなり甘かったので、2回目から砂糖を約半分にしています。
それでもちゃんと出来るし、甘さも我が家好みになります。
粉砂糖も「甘いからいらない」と義姉に言われたことがあるので、今回は無しです(^^);

いつもと違うのは初めてカレボーのエキストラビタークオカで購入)を使ったこと。
お気に入りでよく使うチョコはカルマのダーククレマンで、子供達も「これじゃないと食べない」ってくらい我が家の定番なんですが、ちょっと違うのも試してみたくなってね。
同じカレボーのセミスイートは使ったことがあるんだけど、ちょっと甘すぎで我が家では不評でした。
義姉も普段からカカオ90%とかのチョコを食べなれてるし、うちの子たちもそれをよくもらって食べてるくらい渋好みなので、子供と言えどもかなり大人っぽい味覚をしています。。。
(いいのだろうか・・・)
今回は同じカレボーだけど、カカオ分73%のかなりビターなタイプなので、気に入ってもらえるといいが・・・。

ガトーショコラフォンデュ
たくちゃんは「ハートのケーキがいい!」って言ってたけど、ハートの型がないので、普通に直径18cmの丸型で・・・
と思って朝台所に行くと、一足先に義母がひとつしかない丸型を使って、ケーキを焼いていました(汗)
・・・なので、たまたまあった紙型で焼きました。
これだと、そのままラッピングしてプレゼントにもなりそうですね♪

ケーキが2つ・・・になっちゃったけど、7人家族なのですぐになくなることでしょう(^^);

初めて使ったチョコなので、どんな味なのか楽しみです。
comments(2) : trackbacks(0) : 
  1/2P  >>