まみのらくがきちょう

パワフルな男の子3人の母【まみ】の育児や趣味(パン・お菓子作り)の記録

足場が取れました

2011021710590000.jpg

昨日、足場が取れ、外観がよく見えるようになりました。
写真は裏側(北東)から見たところです。
表は洗濯物が干してあったのでNG;;;

大工さんの仕事はほぼ終わったみたいで、今は内装仕上げに入っています。

出来上がりが楽しみ〜

comments(0) : trackbacks(0) : 

上棟式



急に寒くなり、小雪もちらつくような中、昨日我が家は無事に上棟式を終えることが出来ました。
昨日、一昨日と、たった2日間でパパパーッと屋根まで建っていき、その手際のよさに驚きました。
(ほとんど初日の1日で出来上がってましたが
基礎だけのときには狭い感じがしたけど、こうやって立体的になっていくと、意外に大きな感じがしますねぇ。

同じく、家でも準備に追われてバタバタと落ち着かない数日間でしたが、餅まきには多くの友達やご近所の方々が来てくださり、賑やかに行うことが出来て、やってよかったな〜とつくづく感じました。
特に、終盤の角餅では、男の子たちの間で争奪戦が起こってました
怪我しなかったかな〜?

うちの3兄弟も上に上がらせてもらい、もちまきをさせてもらいました。
(こういうときは3人とも男でよかった;;;)
長男、次男は一応棟梁さんに付き添ってもらっておとなしく(というか、高所恐怖症で動けない?)投げてたけど、三男坊は階段を上がったり降りたり、とにかく落ち着かないので、まわりがヒヤヒヤでみんなに心配を掛けてしまいました
一生に1度あるかないかのいい経験をさせてもらったので、大人になっても覚えててくれるといいなぁ。

ほんとに、工務店の方、大工さんをはじめ、来てくださったみなさん、どうもありがとうございました

餅まきがお開きになったとたん、止んでいた雪がまたサーッと振り、まるで桜吹雪のようでした。
上棟式に雨や雪が降ると「幸福が降り込む」といって、縁起がいいそうです。
神様も見守ってくれているといいなぁ〜
comments(2) : trackbacks(0) : 

基礎工事 完了

基礎工事完了 

家の方ですが、昨日で基礎工事が終わったようです。
とってもキレイに仕上がってます
こうやってみると、間取りがよく分かりますねぇ

北から見たところなので、画面右上(南西)が玄関、左上(東南)がタイルデッキになるところです。
タイルデッキの角が外の塀とギリギリ。。。
画面下の四角い鉄板が置いてあるところに井戸があるので、給排水のこともあり、これ以上北に家を寄せるのは難しかったみたいです

今週末辺りから大工工事が始まり、早ければ(予定通りなら;;;)来週中には棟上になりそう。



comments(0) : trackbacks(0) : 

解体完了

解体前




解体後




ずいぶんさっぱりしました。


昨日、解体作業が無事終了し、今日少し片付けをされてから、今度は工務店の方が地縄張りに来られました。
キレイに整地もされ、見違えるほどになりました嬉しい

解体業者さんには大変お世話になりました。
解体した建物の基礎が、残す建物の基礎の下敷きになっていて掘り起こせないなど、アクシデントも多々あったけど、手際よくこなしていかれ、すごいなあと思いました。
(しかも社長さんは私より年下でした;;;)


これからもちょこちょこ問題が湧いてきそうな我が家ですが(汗)、無事に完成しますように・・・。
comments(0) : trackbacks(0) : 

順調に進んでます


やっと写真がup出来ました。
(どうやら写真のサイズを小さくするのを忘れていたようです汗

解体作業は今日も続いています。
上の写真は3〜4日前だったかな?
今はもうほぼ建物はなくなって、基礎部分を掘り起こして除いてく作業をされています。

それにしても、西隣(写真右)に密接した平屋の母屋を傷つけることなく鉄筋の離れを壊すのは至難の業で、手作業でちょっとづつ壊していくしかないだろう、と、さんざん業者の方とも心配していたのですが、強力な助っ人ベテラン職人さんのお陰で、無事に解体が進んでいます。
それも、大型重機でガッシャーンと一発で壁を壊し、母屋へは何のダメージもなく処理されたというので(←私はちょうど見られなかったけど)、雇った業者さんもうちの家族もみんなが驚きと感動(大げさ?)でいっぱいです。
日本人の技術ってほんとすごいわ〜!

お陰さまで無事に更地へと近づいていますが、ここへ来て義父母が
「塀を壊さずにそのままにしておいてくれ」
と解体業者さんに直接頼んだと言うので、昨日慌てて工務店の設計や営業の人に電話してバタバタした、ということがありました。

というのも、今回家を建てるに当たって、宅地内に実は農地が少し残っていたということが判明し、いろいろと制限が出てきたため、法的にクリアするには塀を一部壊してそこから新築する家への進入経路にしなくてはならない、という条件が出てきたのです。
で、まあちょうど車庫をそこに作って大きな車でも敷地内で向きを替えることなく出入りできるようになったら便利だな〜と思って、義父母にも了承を得ていたはずだったのですが、いざ解体するときになって「やっぱりそこから出入りする必要はない」とか「あまりにも開放的になりすぎて防犯上どうか?」とか気になったようで。

分からないでもないのですが、それは初めから話してあったことだし、塀を壊して出入り口にするのが今回、役所との条件なので、変えることは出来ないのです・・・と義父に説明したのですが、

「今までだって普通に生活してるじゃないか」
「農地は宅地に目的変更の手続きをしたから、いずれ大丈夫になるんだからいいじゃないか」
しまいには
「役所も言いくるめられないそんな業者に頼んだのが悪い!」(←何だそれ?)
「わしは納得せんからな!」

などと怒り始めたので、私もとうとう頭にきて昨日は1日頭に血が上っていました怒り
(お影で今日は頭痛薬のお世話になってます;;;)
最近は建築法とかいろいろと厳しくなって、細かい融通が利かなくなってきてるので、設計の方には本当に許可が下りるまで心痛してもらったのに、そんな言い方をされたら・・・。

思わず
「そんなこというんならよそに土地買って家を建ててやるぶー
と言い返してやろうかと思いました。
あー、自分の親だったらガッツンと言い返してただろうけど、嫁の立場は辛いです・・・。
あまりにも腹が立ったので、夜帰ってきたダンナにもそのことは言いませんでした(普通逆?)
話すとまた思い出してキレそうだったので。
だから、ダンナは何も知らないままです。

最近そんなことの繰り返し。
同居してるといつも顔をあわせてるからなぁ。
新しい家が出来たらそういうことも減るかなぁ?

なんて、久しぶりに愚痴ってしまいましたムニョムニョ
comments(0) : trackbacks(0) : 

解体中です

携帯から写メで投稿したけど何度やってもupされないので、写真無しにしましたが。。。汗

無事、今月の15日に正式に建築許可が下りて、鉄筋コンクリート2階建てと、木造平屋建ての2軒の離れを解体する作業に入りました。
もう2週間近く経つので、今は木造の離れは基礎のみとなり、鉄筋の内部はほぼ空っぽ状態になっています。

最近はリサイクルや分別に厳しいらしく、一気にガーッと崩すことはできないそうなので、とても丁寧に作業してらっしゃいます。

そんな中で、意外な事実もいくつか判明しましたびっくり
平屋の天井裏に4つもカラのスズメバチの巣があったのも驚いたけど、それ以上に衝撃的だったのが、

1.平屋は、実は元あった牛小屋を増改築して造ったものだった。
2.しかも、牛小屋だった頃、1度火事(ボヤ)で1部柱や梁などが焼け焦げているものをそのまま覆って建ててあった(汗)
3.私達が今まで10数年間暮らしてきた鉄筋の部屋の壁が、コンクリートブロックにただベニヤが打ち付けてある、もしくはブロックそのものに直接砂壁が塗ってあっただけで、断熱材などが全く使ってなかったどころかちゃんとした壁ではなかった。

などなど。。。

作業員の方も、「よく住んでましたね〜」とびっくりな建物でした汗
2.の火事の真相は、義父母に聞くと確かに昔あったようですが・・・。
(焚き火の不始末だそう)
それにしても、いろんな歴史があるものですねぇたらーっ

今日も着々と作業は進み、2階にあったベランダの手すりも撤去されました。
子供達が生まれ育った、たくさん思い出のあった家なので寂しくもあるけど、いろんなストレス(^^;)からも開放されるので、楽しみの方が大きいかな〜?

11月7日(土用あけ)くらいまでには解体を終えて地鎮祭を行う予定です。

他にも、ローンの件でも一騒動あり、着工するまでにひと山もふた山もこえなければならなかったのですが、それは長くなりそうなのでまたの機会に書くことにします。
comments(0) : trackbacks(0) : 

がんばります!

夏休みの宿題も追い込みに入り、カリカリしている親御さんも多い今日この頃だと思われます汗
というか、うちがまさにそうです冷や汗
22日の登校日が応募作品の提出期限だったので、絵や習字などは何とか提出したのですが、次男に至ってはまだ夏休み帳がかなり残っていますびっくり

まだ1週間あるので、何とかなるかな〜とは思うんだけど、明日の午後、いよいよ引越し屋さんに来てもらって、母屋へ大型家具の移動をしてもらうことになっています。
前にも婚礼家具のことについて記事にしましたが、その後の打ち合わせで、何とか新居にタンスを収めるための納戸は確保出来たのですが、運び出すためにはやはりプロの手を借りよう、ということになり、いろいろあって今回お願いする引越し屋さんにお願いすることにしたのです。
ついでに、仮住まいの間邪魔になりそうなソファやダブルベッドなどは預かってもらう予定です。


・・・というわけで、お盆が過ぎてから我が家では解体する離れや倉庫の片付け作業に追われているのですジョギング
(ほとんどが義父母におまかせですが;;;)

それにしても、改めてその量に驚きです!
なんせ、ダンナや義姉が子供の頃からのベビーダンスや小学校からの教科書とか作品とか、お雛様に五月人形などなど・・・よくまあこれだけのものを大事に取っておいたもんだなぁ〜とたらーっ
他には義父が生まれたときの端午の節句か何かのときに使われたと思われる「昭和10年〜」と書かれたお膳のセットなんかもあったり。
今まで全く使わずに(というか存在すら忘れていた)ものがたっくさん出てきて、「この際一気に処分すれば?」とダンナや義姉は言うのですが、義父母は「いやまだ使える」とか「記念に取っておこう」とまた農機具倉庫の方へ移動させているので、物は一向に減りそうもありませんしょんぼり
が、思い出のいっぱい詰まったものだろうと思うので、気持ちは分からないでもないですがねたらーっ

そんなこんなで、片付けもこなしつつ。

肝心の新居の方も、実は銀行へ住宅ローンの正式申し込みに行く前日に、新たな問題が浮上してきまして・・・。

今回、義父名義の土地に母屋にくっつける形で「新築増築」という形で建てることにし、それで役所の建築課でもほぼOKが出ていたので、銀行にもそれで届け出る方向で進んでいたのですが、最終段階というか、調整区域の開発を管理する役所の担当のところで、「待った」が掛かってしまったようなのです。
というのも、母屋の建物の建っている土地の一部が「畑」ということになっているままだったらしく、そのままだと「増築」という形では許可が下りないらしいのですムニョムニョ
で、その土地の使用目的を「畑」から住居用に代えるには農業委員会に掛けなければならないらしく、それではとても時間がかかってしまうということで。
他にも、母屋の合併浄化槽に繋げて出来るので新築する家にはなくても良いと言われていたのが、保健所からNGが出てしまったそうで。
浄化槽も新たにつけなければならなくなり・・・。

諸々の事情を考慮すると「母屋からの増築」ではなく、切り離して「1戸建新築」にした方が良いのでは?・・・という結論になりそうなのです。
変更になるのは手続き上の部分がほとんどで、建物自体では「合併浄化槽が新たに必要」になる以外は目立ってないのですが、それでも住宅ローンを借りるためにはもう1度計算を大きく変更しなければならないので、予定より時間が掛かってしまいそうですショック
うちの地区のような調整区域では、家1軒建てるにもとてもややこしいという話をよく聞くのですが、今回身をもって知ることが出来ました。
私達の一家が大変ということはなく、本当に工務店のスタッフの方々にはややこしいことに付き合ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいですおうち

というわけで、なかなか順調とはいきませんが、徐々に計画は進みつつある今日です。

comments(0) : trackbacks(0) : 

完成模型




日曜日に初めて現場監督さんも交えた打ち合わせをしました家
そのときに我が家の完成予想模型を頂きました。
前回の打ち合わせでだいたいの色や仕様を決めたので、それを元に作ってもらい、また模型を見て「やっぱり違った方が良いな〜」とかイメージするそうです。
TV番組の「ビフォーアフター」でよくあるけど、実際こうしてみると段々と実感が沸いてきますねラッキー
(この模型も屋根や2階が取り外せて、中も見ることが出来るんですよ〜)ひらめき

外壁とサッシの色は初めから「白」と決めていたので迷わなかったんだけど、屋根はダークブラウンシルバーで悩みました。
でも、屋根の淵(?)や玄関周りの木の色を引き立たせるにはシルバーの方かな?と。
写真は南から見たところで、実際は西側の母屋と接続するようになります。
母屋は純和風建築の平屋なので、ものすごく対照的(笑)
でも、ところどころ木を外装にも使っているので、若干リンクした感じにはなるんじゃないかな〜?なんて思っていますポッ

中も無垢の木や漆喰など自然素材をふんだんに使った、とっても雰囲気のある家になりそうです。
キッチンや洗面・脱衣室、トイレといった水周りの床は希望通りタイル張りにしてもらいました。
そして、外のデッキもウッドデッキではなく耐久性と雰囲気のあるタイルで星
正直それでかなり予算オーバーになっていまい、担当の営業マンさんを悩ませてしましたが(汗)何とかしていただき、今のところ大満足です楽しい

昨日は設計士の方と2人でショールーム巡りをしてきました。
キッチンや洗面台、トイレなんかはほぼ白い色でまとめましたが、お風呂だけは派手にいこうかな〜なんて企み中(謎笑)

引っ越しの計画も着々と進んできて、いよいよ・・・という感じですおてんき
今月中には家を空にして、9月に入ってから解体予定です汗
comments(4) : trackbacks(0) : 

収納@婚礼家具

例年よりちょっと遅めに梅雨入りした山口県。
梅雨・・・というと、去年我が防府市を襲った大規模水害の記憶がまだはっきりと残っているので、ビクビクしている人も多いようです雨
今年は無事乗り切れたらなぁ・・・。


さて、タイトルに戻りますが。

昨日、設計士の方と前回(先週)もらった第1案のプラン(図面)を元に打ち合わせをしました。

1階は水周り(風呂・洗面所・台所)とリビング・ダイニング、大き目の納戸、コンパクトな玄関、といったところで、結局畳スペースはやめてタイル張りのデッキにすることにしました。
それはほぼ完成形に近かったので、一旦置いといて、プライベートスペースとなる2階の間取りを中心に打ち合わせホットコーヒー

2階は子供部屋をもうちょっとどうにか広く使えないか、と、階段を上がってすぐの共有スペースがもっと有効に使える手はないか・・・ということで検討しました。
結局主寝室のウォークインクローゼットを狭くして(1階に納戸もあるし)、その分子供部屋にも収納を取ることに。

それで一件落着〜♪

・・・と思ったのですが、一応測っておいた家具のサイズを見て愕然!!

嫁入り道具で持ってきた婚礼ダンス1式がその1階の大型納戸に入りきらないのですびっくり
和ダンスと洋服ダンス2棹の計3棹あるんだけど、そのうち1番大きなのは幅が180cm以上あり、それだけでいっぱいいっぱい・・・ショック
(現在は2部屋に分けて置いてます)
もちろん、タンスはそれ以外にもダンナのとか子供のとかもあって、
「収納のために家を建てるようになりそうですね。。。」
と一同がっくり。
設計士さんも「もうちょっと家を広げたいくらいですね」と言われるほど汗
2階の収納も布団などでいっぱいになりそうだし、ほかに持っていくところがないのよね〜。。。

最近は婚礼ダンス自体持ってる人が少なくて、その分住まいに最初からクローゼットがついてたり、組み換え可能なボックスにして引っ越しても困らないようにしてる場合が多いと思うんですが、うちは一応本家の嫁なんで(汗)、実家の親が奮発して購入してくれたのです(^^);
確かに、家自体にこれまで収納スペースがなかったのでタンスがあってよかったんだけど、ここに来てやり場に困ると言うか、でも手放すわけにはいかないし、どうしよう・・・?と新たな問題が出てきたわけです。

本当はもうちょっと家を広くする予定だったんだけど、母屋との接続とか、解体とか、敷地造成とか、家本体以外の部分でかなりの予算が掛かってきたので、肝心な家をコンパクトにせざるを得なくなってしまったのです。
まあ、広すぎても後々困るかと思うので、それはそれで行き届いた生活が出来てかえっていいかな?と納得なんだけどね。

それにしても、婚礼家具。
どうすべき??


・・・と、まあ悩むところもありますが、昨日は床材や壁、水周りの設備についても軽く打ち合わせをしました。
段々と形が見えてきたので実感が沸いてきました楽しい

そろそろ片付けもしていかなくちゃねぇ。。。
comments(0) : trackbacks(0) : 

着々と。。。

5月後半は寒さが戻ってひんやりとした日が多かったのですが、またカラッと晴れて過ごしやすい日が続いています。
気が付くともう6月なんですねぇ。
梅雨入り前に大掃除もしたいところです(^^);

さて、家づくりの方ですが、着々と話は進んでいますよ〜家

大まかな間取りの打ち合わせを先日行いました読書
1階に大きめの収納スペースという希望も取り入れられた感じになりそうです。
ただ、悩んでいるところもいくつか。

まず、リビングダイニング(LD)の一角を外にしてデッキにするか、それとも畳スペースとして室内にするか?という点。
正方形に近い長方形の総2階にする予定で、畳スペースだと四角いままで、デッキにするとそこが欠ける間取りになるのです。
畳でまったりするのもいいけど、デッキも中庭風に使えてプチ贅沢気分を味わえそうでホットコーヒー
う〜ん、どっちも捨てがたいなぁ・・・。

あと、子供部屋をどう取るか?
これは本当に悩んでます汗
暮らしてみないと分からない面でもあるんだけど。
スペース的には1人1部屋で3部屋取れなくもなさそうだけど、狭すぎてもねぇ。。。

それと、洗濯物を干す場所(笑)
うちは親世帯も子世帯もあまりにも洗濯物が多すぎる家なので(笑)、これがかなりネックなんですねぇ。
やっぱり乾燥機も買うべきかなぁ・・・汗

間取り以外では、オール電化にしようかとか、エコキュートにしようかとか悩む点はたっくさんありますが、ひとつひとつやっていくしかないですね(^^);

近いうちにローンを借りる銀行に審査の申し込みをします。
それから、この前の打ち合わせを元にもう少し詰めた間取りプランも出来てくると思うので、楽しみですおてんき
comments(2) : trackbacks(0) : 
  1/2P  >>