まみのらくがきちょう

パワフルな男の子3人の母【まみ】の育児や趣味(パン・お菓子作り)の記録

<< 運動会 : イチゴ >>

秋祭り そして新たなるスタート

25日の日曜日、地元の氏神様の秋祭りがありました。
地区の小中学生の男子が毎年、この日のために神楽を練習して披露します。
 


基本的に、3年生以下は下のひょっとこ、4年生以上は上の「花舞」と呼ばれる子天狗の役。
中学生が獅子、高校生以上の大人たちがお囃子を演じます。
さらに、低学年の男の子の中から一人ほど「お玉さん」という”おかめ”の役をやります。



今年は我が家が新築だったこともあり、うちの庭でも舞を踊っていただきました。
(上の写真がそう。花舞は長男です。下のひょっとこは次男)

他にもその年に赤ちゃんが生まれたり、子供が舞を演じたりなどの記念に、家でやってもらったりします。

毎年これを見ると、うちの子たちも大きくなったな〜と実感が湧きます。
小さいころから「大きくなったらお祭りに出るんよ〜」とよく言っていたのを思い出します。



さて、タイトルの「新たなるスタート」とは?

実は、10月から私、専業主婦を卒業してお仕事に出ることになりました。

長男を授かった2000年1月に退職してから11年8か月の間、専業主婦として家事・育児一筋に生きてきましたが、少しでも家計の助けになるよう働きに出よう!と決心したのが2週間前。
ちょうど10月から年度の後半が始まることもあり、今なら希望の仕事が見つかるかも、と思い、あるところにパートタイムの登録をしておいたところ、1週間くらいでお話を頂き、急だけど10月初めから半年間の契約で勤めることになりました。

仕事の詳しい内容は始まってみないとわからないけど、昔していたような事務職です。
12年近いブランクがあるので、簡単な仕事(バイト)から・・・とも思ったけど、どうせやるならちゃんとある程度の収入があるところで、さらに今まで慣れた仕事の方がいいかなぁというのもあって、ちょっと大変そうだけど頑張ることにしました。

勤務時間が9:30~15:30なので、朝はゆっくり出来るけど、子供のお迎えが出来なくなるので、それは義父母にお願いしました。

今まで当たり前のように昼間の自由な時間があって、学校や幼稚園の行事にもほぼもれなく参加出来てたのに、それが出来なくなるのがやっぱり寂しいですが、逆に家にいる時間がもったいないな〜と思うこともあり。

でも、「出よう!」と決心してからよく考えてみると、4月からだと新年度の準備などで親子とも落ち着かないし、三男も幼稚園に入園して半年たち、新居での生活も同じように半年たって、いろんなことに慣れてきた時期に新しいことを始めるには絶好の機会だと思うようになりました。

正直、毎日(平日)帰ってきてご飯の支度やら家事をやっていけるだろうか?
12年近く働いていないブランクを埋められるだろうか?
特に、パソコンの知識なんてここ数年ついていけてないし(汗)
一緒に働く人たちはどんな人たちかな?

・・・など、不安なんて書けばきりがないですが、ダンナや子供たちも頑張ってるので、私も頑張って支えていかなくては!・・・と、自分に言い聞かせていきます。
独身に返ったつもりで、とはいかないけど(笑)新しい自分の人生のスタートだと思って、楽しんでいきたいと思います。

comments(0) : trackbacks(0) : 

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> トラックバック機能は終了しました。